2018年6月6日水曜日

Satoru Sato Art Museum の展示の知らせ・・・

中田生涯学習センター3階の第3室(版画の展示)、第2室(小さい作品を中心の展示)に続き、第1室の作品展示が完成、その展示風景写真が届きました。今回の展示作品は、廊下から入って左側の壁には、Guy de Lussigny , Eduardo Jonquières , 正面の広い壁には、左から Jo Kuhn , Pierre Mavropoulos , Silvano Bozzolini , Jean-Pierre Viot , Henri Patez , Jacques Busse , 更に右の壁に、Charles Bézie , Andrea Bozzolini , そして廊下側の壁に、Esteban Castillo の作品、合計11点の展示作品です、2室や3室とは異なる雰囲気の作品が展示されている様に感じられます、作品選定、作品展示に関しては中田生涯学習センタースタッフの皆さんが、充分に時間をかけながら注意深く作品を取り扱って下さっているので安心しています。展示写真も上手く撮れて感謝しています。

2018年6月2日土曜日

美しい登米市中田町の風景が

父が先生に5月の風景をと、何枚か写真を撮ってきたので送りします。父は、やっと田植えが終わったと言って居ます。これで田んぼの仕事は一段落だと思います。

🔆 珍しい、陽子ちゃんより中田町の便りが届きました、以前は5月の連休の時に多かった田植えの時期でしたが日照時間を配慮して対応している様です、奥羽山脈と北上山脈に囲まれた北上平野の北端、北上川に近い瑞々しい故郷の風景は格別です 🔆

2018年6月1日金曜日

Satoru Sato Art Museum からのニュースは

中田生涯学習センター3階の第3室の展示、Hommage a Otto Freundlichi 展の隣の部屋、第2室に新しい作品が展示されました、廊下から入って左側の壁には、Kunt Navrot, Jean Legros (2点)が展示され、正面の広い壁には先月亡くなった Geneviève Claisse の正方形の作品(Courant Blanc)に版画5点、⎾ Hommage  Geneviève Claisse ⏌として6点の作品特別展示され、右側の壁には、Angelo Giuseppe Bertollio, Robert Saint-Cricq 、Juditn Nem's のレリーフ作品3点を展示、廊下側の壁には Hans Riedl の作品、正方形を中心にした作品展示に成っています。


2018年5月29日火曜日

Satoru Sato Art Museum の新しい展示のお知らせは・・・

登米市中田生涯学習センター企画の最新情報は・Hommage à Otto Freundlich (オット・フレンデリッシに捧げる)展、開催のお知らせです。Otto Freundlich の他に、彼と関わりの在った、Aurelie Nemours , Hans Steinbrenner , Marie -Thérèse Vacossin の4人の版画展(版画集)、Otto は今年で生誕140周年、1878年ドイツ生まれ(現在のポーランドの Stolp=Stolpsk)、1908年パリのピカソやブラックと同じアトリエ村、Bateau-Lavoir に住んで制作、第一次世界大戦直前、ドイツに戻り、1924年再びパリに、パリでは当時、非具象、抽象絵画の運動、多くのヨーロッパの幾何学構成アーテイストが集合した、Abstraction-Création に参加、第二次世界大戦ではナチスに追われ南仏へ逃れるが1943年3月に逮捕されポーランドの強制収容所へ輸送、3月10日その列車が爆破され悲惨な死を迎えました、収容所で亡くなったと言う説も在り当時の記録は定かでないのですが、皆さんもご存知の様に多くのユダヤ人が亡くなっていた悲惨な時代でした。墓はパリから40キロ北西、Auvers-sur-Oise に夫人と共に眠っています。彼は画家であり、彫刻家であり、その芸術の理論と哲学的著者で、抽象美術の最初の時期の代表的芸術家と言われ1910年には既に抽象絵画を描いていた芸術家だったのです。

2018年5月23日水曜日

FVW出版社のFrank からの連絡は・・・

来年(2019年)春、パリのFVW出版社より⎾在仏50周年記念作品集⏌出版計画の表紙が届きました。未だ未だ時間が在りそうで無さそうで、

2018年5月22日火曜日

Art'Loft のGil と再会


ブルッセルの Gil Bauwens が3年前に彼のギャラリーで展覧会をして頂いた時に預けた、残りの作品4点を届けて下さいました、我が家に帰った作品(1991〜2015)は、早速、来年出版する計画予定の作品集の為の写真撮影に間に合いました。
Gil とは久しぶりの再会、Gil & My Lee ご夫妻には、3歳の男の子がいます、早速、写真を見せて頂きましたが、なんと、Gil にそっくりの顔立ちに吃驚、特に眼がパッチリ大きく、ブルー、本当に可愛いお子さんでした。乾杯

丹吾ちゃんの忘れモノ・・・


おはようございます。昨日送信し忘れた写真です。徳仙丈山の上の方からは気仙沼市内と、気仙沼湾に浮かぶ大島が見えます。写真には唐桑半島側と大島とを結ぶ「大島大橋」が小さく写っています。この橋は工事中で、今年度中の開通予定だとか。何月開通だろう?   

◎⎾丹吾ちゃんの独り言・・・それにしても懐かしい大島、中学の臨海学校に参加した時、担当の先生に内緒で漁師の船に乗せて頂きウニ取りを体験出来ました、担当の先生は知らないふりをなさって見逃してくれたのかも、今年の夏は大島に行ってみたいな〜、行けるかな⏌