2020年7月6日月曜日

Satoru Sato Art Museum の展示替えは・・・

先日メールでお伝えしました最終リストに変更が無かったので、7月10日オープンを目指して展示作品入れ替え中です、4ヶ所在る展示空間の内、常設展の部屋はサトル先生の1969年から1973年迄の5年間の期間の中から作品を選定させて頂きました、展示はいつもの様に、照明は今回、秋山副館長が担当して下さいました。前回の展示は2020年1月から6月迄、途中新型コロナウイルス感染の影響で閉館期間も在りましたが、サトル先生の渡仏前の作品、具象絵画(油絵)にデッサンを加えた、普段展示しなかった作品を展示させて頂きましたが今回はその次の流れとして1974年代から始まる鉛直主義を唱える前、サトル先生が具象空間から抽象空間に移行、模索して居る時代に焦点を合わせた作品展示、終了致しました、展示写真を送信しましたのでご確認下さい、公開前ですので、作品変更は可です。 粕谷

😊  嬉しい粕谷さんからのメールが届きました、作品選択はいつも難しいのですが、今回も良く選定して居る様に思われます、言う事、無し、完璧です、写真も見事です!
当時は未だ、パリ国立美術学校のグスターブ・サンジェ先生のアトリエで自由にいろんな傾向の絵を模索し習作して描いていた時代、幼い!青春を謳歌して居た時代でした!アトリエの挑戦好きな気の合う学生仲間達5、6名でサン・ジェルマン地区の画廊街を歩き廻り画廊に直接作品を持ち込んで見て頂くと言う戦法で、なんと、2人が成功!私もその一人、初めて個展を企画して頂く事に、チャンスと言うか、ラッキーと言うか、当時のパリはおおらかな、そんな時代でも在りました、地下鉄オデオン駅に近い Rue Gregoire de Tours (通り)に在ったGalerie Luszpinskiで1972年の1月と7月に2回の個展、その2年前、1970年の5月には Pont des Art (芸術橋)の路上で、仲間二人に協力して頂き、初めての発表・ハプニングを開催、案内状を配り、里見先生やサンジェ先生とアトリエの仲間が観に来てくれたり、あの時代は訳も解らず無鉄砲に楽しんで、先の事も考えず、考えられず、当然、先が見えない時代、唯、あの開放感に満ちた楽しい時を体験して、今、思えば、少しずつある方向性に向かいつつ在ったのかなと、自分にとっては恥ずかしいヤンチャ時代を思い出せる、1969〜1973年の作品展示です。🙏

2020年7月5日日曜日

春日の勝ちゃんから久しぶりの便りが届きました・・・

サトル 殿
コロナ騒動がなければ、東京でサトル・ランチ会を楽しめたはずでしたが残念な思いです。
長い間のご無沙汰ですが、何とか元気でやっています。
サトル殿の様子はブログで毎回楽しみに見ていますよ。新型コロナ禍の下パリで創作活動でエンジョウイしていることは何よりですな。
東京は再びコロナ感染が復活?特に新宿や池袋の繁華街で、しかも20~30歳代の若者に拡大しているようです。東京都と隣接している神奈川、埼玉、千葉でも感染が増加傾向になり、不安の再来に我が身に降りかからないように願う日々です。
仕事はテレワーク、会議等はWEBやリモート、大学1年生の孫は入学式も無しでオンライン授業、感染予防のため人と人との間隔を保つための「者間距離」(横文字好きはこれをソーシャルディスタンスと云っていますが・・・)など、日常生活の制約や変化に戸惑いを感じます。
長い間の不要不急の外出自粛などで、ストレス増、体重増、運動不足などで血液検査の数値はどれも警戒値を超えてしまいました。当然、服用する薬の種類が多くなりましたが、それだけでは足りず「百薬の長」という薬を毎日補完しています。公私とも2~6月末までは貧乏暇なしの状態でした。色々とやることもあるので事務所の賃貸借契約も2年延長しました。80歳までは公私とも自由にやりたいことをしたいと思っています。
 ところで介護リハビリ中の妻は、自分の状況を受け止め落ち着いた日々を過ごしています。不自由なりに話し語りができますので、意思の疎通ができるのが唯一の救いです。入居している施設もコロナのお陰?で当分の間落ち着けるようなので何よりの思いです。面会制限も若干緩やかになったものの、最近の感染は第2波?か不安を感じます。
 7月19日に75歳、後期高齢者になります。孫たちの強い要望もあり愛車を売却、運転免許証も返納、交通事故のリスクを回避しました。妻は介護レベル4、身障者2級(特別障害)は継続されるので、介護に専念しつつ好き勝手に自分なりの後期高齢者ライフスタイルを見出して過ごそうと思ってる近況です。
昨晩は孫たちの家で1泊のホームパーティを楽しんできました。
お互いに体調管理などに気をつけ、来年元気でお会いできるようそれなりに日々を送りましょう。
                  春日 勝三


😊   渋谷の税務署所長だった勝ちゃんは退職後、税理士として活躍中、何と言っても・百薬の長・を毎晩呑んで居るので、いや服用して居るので先ずは安心、小学生だったお孫さん達は今は大学生と高校生で勝ちゃんには元気の素、奥様の事は心配ですが、高齢者に見えない元気者、まして後期高齢者?私の知らない世界ですが、仲間の便りは嬉しいものです、写真は、2011年2月9日、ブログで既に紹介して居る勝ちゃんの孫達です。✌️

2020年7月4日土曜日

Satoru Sato Art Museum 便り・・・

Satoru Sato Art Museum (登米市中田生涯学習センター3階)の新しい展示準備に今週から入りました、先ず、展示会場の作品の撤去作業、きちんとリスト整理、包装して収蔵庫に入れると同時に、粕谷さんのリストアップする作品を展示室に運び、包装を解いて作品チェックして、展示準備に入る訳です。事前に粕谷さんからリストを頂いて、展示室No-1は、円と斜線のテーマと言う事で、流石、新しい試みで納得出来ました、展示室No-2は、オブジェ展と言うタイトル、立体作品の展示に成っていました、展示室No3は新しい試みで、これまでミュージアムに収蔵して居るDVDを中心に映像を観て頂くと言う案です。展示室No4が私の作品常設展、今回、私の作品に関しては、前回の渡仏前の具象絵画作品を展示して頂き、今回はその延長で、1969年から1973年迄の、4年間の作品から選択して頂きました、理由は鉛直主義に入る前の段階と言う、又、当時はパリ国立美術学校で学んだ習作なども入れて、幾何学構成絵画に目覚める期間と言う企画で納得の行く展示に成っています(常設展は既に展示作業が終えていますので、明日、紹介致します)。展示室全オープンは7月10日、金曜日からです。
写真は展示室No-2のオブジェ展の作品を丁重に取り出す佐々木さん、台の修復も出来、私の助手になれる繊細で力持ち、アート感覚在りの頼れる方です。

2020年7月1日水曜日

博多から文月のご挨拶が届きました・・・

文月のご挨拶、早くも一年の折り返しですね。今日は半夏生、梅雨の末期、天地に毒気が満ち半夏と言う毒草が生じると考えられていたんだって、又、今日は睡蓮の日、ちなみに花言葉は(純心な心・信仰)だって、今年はなんとか大変な年ですけど、私達一人一人が睡蓮の様な心で居ると万事平和なのに・・・写真は福岡市大壕公園の横隣に在ります福岡城跡の舞鶴公園、季節折々の花々が私達の心を癒してくれてます。MAKO(ko-co)

作品設置作業に携わった皆様を紹介致します。

登米市中田生涯学習センター玄関奥の庭には展示空間が在りまして、5月1日から新しいインスタレーションの作品をシリーズとして毎月、月に1回、紹介させて頂いて居ますが、今回はその作品設置の作業に携わって居るメンバーの皆様を紹介させて頂きます、イケメン揃いと定評のある方々、左から秋山副館長、蛇好所長、佐々木さん、そしてミュージアム資料関係に専門的でいらっしゃる紅一点の粕谷さんです。写真撮影はセンターの佐藤綾子さんです。

Le troisième travail d'installation au Satoru Sato Art Museum

Satoru Sato Art Museu 玄関奥の庭に新たに、第3回目のインスタレーション作品が設置されました、第1回目は5月1日、2回目は6月1日と公開されて居ますが、今回、7月1日公開の作品は第3回目の新たに設置されたシリーズ作品、作品設置作業は登米中田生涯学習センタースタッフの皆さん、撮影は粕谷さん。

2020年6月29日月曜日

霧雨の中の作業は・・・

今日は、曇り空でちょっと霧雨がパラついています。
正面玄関の作品は、男性3人のおかげでスムーズに設置が終了いたしました。
来月には、前庭の作品
も少し変化した画像をお届けできると思います、しばし、お待ちくださいませ。 粕谷

🔷 先週の木曜日に粕谷さんからメールで作品設置作業の写真が届て居ました、登米市中田生涯学習センターの男性軍団と言えば、言わずと知れた、体力も在るイケメン揃いの蛇好所長、秋山副館長、佐々木の洋忠さん、霧雨の中、作業は丸太で組み立てられた作品を解体させて、改めて1から組み立てやり直しの設置作業、皆様に感謝して居ます。次回は作品の前で四人揃った写真を期待している所です。