2018年11月1日木曜日

中田生涯学習センターの粕谷さんからの便りは・・・


先生ご連絡遅くなりました。無事にミュージアム友の会の皆様と大船渡と気仙沼に行ってきました。
大船渡の天気は、雨でしかも強風!残念ながら作品の前で記念写真は、外で撮る事はできませんでした。何とか作品が入るように玄関前の屋根のある場所から写真を撮りましたが逆光で皆さんの顔が真っ暗でした(泣)、
大船渡で、先ず、御影石の作品を見て石畳の階段を歩いて建物に入りましたが振り返ると後ろから見た作品は雨の中で後ろの風景を背にして綺麗にそびえ立って居て不思議な感じが致しました、又、石畳が続き建物の中を真っ直ぐに通り抜けると、建物の外にまた石畳が在りその先に御影石が在りました、先生のデッサンと模型をミュージアムで観て居たので、先生の垂直と水平の組み合わせを意識して、作品集も事前に見て確認をして居たので初めて作品を見たと言うよりはここに在るんだとすんなり受け止められましたが、実物(作品)の御影石を見ると、模型やデッサンとは違う何かが在る様に思われました、作品集に作品のタイトル・Tour du Bonheur ( Verticale et Horizontale)=幸福の塔(垂直と水平)・と記されて居ますが、現場のタイトルは鶴に成っていたので、石畳を滑走路の様にしてあの作品を更に超えて幸せに飛び立つイメージなのでしょうと勝手に思って居ました。
気仙沼の作品のタイトルは亀(作品集では泉に上に浮かんだ円形の作品は・Terre Blleu et Fontaine = 青い地球と泉・と記されていますが)水面に浮くイメージと異なり、やはり、作品の設置場所(環境)が変わると作品も違って見えて来ると言う事も判りました、先生の言う、そこに在る、存在する理由が在る訳で(笑)、鶴と亀が離れ離れになったのはちょっと残念に思いましたが、22年前に設置した時にこの場所で観てみたかったと思いました、2階のチャペルのステンドガラスも素敵でしたー。
丁度、お式が入っていなかったので、ゆっくり見せていただくことができ、ミュージアムで佐藤達 作品展  Art Environment(1995〜2004) を展示している期間に現物の作品を鑑賞出来て本当に良かったです。
                    粕谷

2018年10月27日土曜日

花巻からのプレゼントが届きました・・・

花巻市東和町土沢商店会連絡会からの▶︎まちてくギャラリー◀︎の刊行誌が菅沼のロクさんより届きました。地域に解け込んだアートをと、ロクさんの努力と敬意に脱帽です。ロクさんの手紙に、先日、発行した号(左側の26号)では酒井さんの随行を寄稿して頂いて、多くの反応をもらいました・・・と、山頭火なんかにあやかって、そう言えば山頭火の本を何冊か日本から持ち込んで今は寝室の古い本棚に酒井さんの本も一緒に並んでいるので偶には読んでみるかなと。ロクさんの手紙の最後の行に、もし、良ければサトルさんの作品写真も展示させていただけないでしょうかと、勿論、喜んで、ロクさん応援をと、来年の夏は花巻に行ってみたいと思っています。

仙台で・フランス料理・・

羽田からパリに着いて丁度1ケ月と1週間が過ぎました、その間に、時差ボケも治り(日常ボケて居るのでさほど変化は在りませんが、一応、人並みに)、先ず、主治医の診察と風邪予防の注射も終えて、やっと仕事再開しています、未だ未だ制作前に作品集の準備、追い立てられています・時間が在りそうですが、写真の整理は99%出来た様ですが、タイトル、制作年度などなど未だ未だ抜けているのが在るらしく・・・本人はいたってのんびり屋、今日も仕事休みに1時間ほどモンスリー公園迄散歩、公園内は登りあり坂ありと良い運動に成ります、こちらパリ14区の朝夕は仙台以上に肌寒く成り、夜遅い時は日本から土産に頂いた生姜湯を飲んで一休みしています。今年の日本滞在中、美味しい日本料理を沢山頂いて来ましたが、今日は珍しくフランス料理を頂いた時の写真がiPhone 残っていたのでご紹介します(パソコンに入力した写真がバラバラに分散されてどこかに雲隠れて居るのですが自分で捜せない状態なので〜す)、そうそう、普段ワインは赤と決めていますが珍しくフランス産の白ワインを少量、美味しく頂いた時の写真と最後のコーヒーの写真を撮るのを忘れていました。

2018年10月26日金曜日

仙台で20年ぶりの再会・・

9月11日、仙台市大手町に在るお馴染みのギャラリー・ターンアラウンドで、菊池敏直さんの個展がオープン、早速、作品を観に行ったら、丁度、本人は卸町の方に関本さんたちが運営する新しい空間(倉庫)を観に行ったらしく不在、作品をゆっくり拝見、コーヒーを頂いて、夕方、トークが在り、その後、打ち上げ会も在りますがと安部ちゃんから伺ったので、夕方は既に予約あり、打ち上げ会に10分でも菊池さんに会えたらと約束して別れ、22時頃かな、安部ちゃんから打ち上げ会盛り上がっていますと携帯に連絡在り、早速、徒歩で12、3分の居酒屋に着くと奥の座敷の奥にいつもと変わらない笑顔の菊池さんが居て20年ぶりですねと言われてそうか20年ぶりかと、や〜や〜とお酒も薦められましたが何せ明日は大学病院(歯科)の診察が在るので、それにしても、20年が一気に昨日の様に話が出来て、彼とはTSAで会っていた先生(芸術家)、当時よりは恰幅良い感じに、関本さんの恩師の一人でした(左端は関本さん、右一番奥が菊池さん、写真は安部ちゃんに撮って頂きました)

2018年10月25日木曜日

仙台で・ウナギと言えば、

長い夏風邪の後は歯の痛さで仙台では病院に行ったりと、仙台以外でも歯の痛さが酷かったので田舎でも親しい方(歯科医院)を訪ねて治療して頂いたり散々・・怜子ちゃんより、元気なさそうだから夕食でもご馳走しようと連絡が在り、そうだね、ウナギ!だねと、9月11日に遠藤さんの所で18時半に待ち合わせ、美味しいウナギ(蒲焼)を楽しく頂きました。女将さんが出て来て、怜子ちゃんに元気に成ったみたい、そうね!イタリア旅行の時は心配したもん!敗血病だったみたい!へー、昔だったら死んでいたか!うちの玄関先の庭、少し変えてもらったけど見た、どう?良いんじゃない!二人の会話はドンドン飛びます、3階の庭見た?見てないよ!じゃ、見てみる?客からの評判が良いのよと!3人で3階に、上原さんの設計した庭を拝見出来ました。上原さんの解説付きで大観楼に来る計画は来年に持ち越されました。

Rugby World Cup Japan 2019


9月20日19:45日本Vロシア、カテゴリーB席、9月21日16:15仏vアルゼンチン、カテゴリーA席を申込みました。日本戦は倍率が高いようです。フランス戦は今のところ人気がイマイチで当選するかもしれません。マスターカードの優先抽選を申込んでおりうまくすれば2試合とも当たるかもしれません。いずれにしても今年11月26日に結果が出ます。外れた場合はその後の二次申込にチャレンジしましょう。      佐藤和夫

▶︎ 2019年度、ラグビーワールドカップの入場券の申し込みをお願いしていた友人のラグビーキチ・和夫ちゃんから連絡が入りました、感謝で〜す。
9月20日の開幕戦は主催国、東京スタジアムで日本対ロシア(プールA)から、決勝は11月2日、横浜国際総合競技場で終了する日程で、A プールはアイルランド、スコットランドに日本が食い込めるか期待している所、B プールはブラックのニュージランド、南アフリカ、C はイングランド、フランス、D はオーストラリア、ウエールズが妥当な予想、優勝候補はブラックを先頭にアイルランド、ウエールズ、イングランド、南アフリカ、スコットランド、準決勝にフランスも残れる可能性が在り、勿論、勝負の世界、その時の互いのコンデションで試合は変化しますから48試合がどのような展開に成るのか、先ずは日本とフランスを応援したい所です、9月21日のBプール、ブラックと南アフリカも気になる一戦ですね・・・その前に、東京で来月、11月3日、日本代表とブラック(ニュージランド代表)との試合が在りますね、どんな試合に成るのか楽しみです ◀︎

2018年10月24日水曜日

仙台の食事は・・・

一人でブラリと、たまにはチョッピリお洒落な中華も良いかなと思う時は、一番町の藤崎前のビル5階に在る中華料理・謝朋殿で、いつも静かで落ち着いてのんびり食べれる所、時には多めに頂く時も在り、少なめに頂く時も、この写真は少なめの時、この階にはトンカツのお店など3店舗在り、時々、気ままにランチの時も、夕食の時も、又、この店の杏仁豆腐もいけます。

朝10時の来客はSoizic Stokvis

 夏、ギャラリー・ターンアラウンドでのクループ展・仙台アート・ジェオ・コンストウルイ研究会展にパリから出品した Soizic さんが我が家に作品を引き取りに来ました、アトリエでお喋りしてから預かっている作品とグループ展の案内状を渡し、展覧会の様子を写真で見せてから向かいの喫茶店に、コーヒーを飲みながら、彼女がソウルに招待されて作品を作って来た話から南仏での仕事の話、お父さんがオランダ人でお母さんがフランス人、言葉はフランス語、オランダ語、英語、ドイツ語、イタリア語が喋れる芸術家、ゆっくりお喋り出来ました。下の写真はSoizic の天井の高い広いアトリエです

2018年10月23日火曜日

丹吾ちゃんからの送信・・・

何本か既にYou Tube  の製作をお願いしている丹吾ちゃんに、今日は石森の安永寺に行って檀家の方々が集まる部屋の襖の空間を撮って頂きました、住職の清野邦道和尚には許可を事前に取って居て、丁度、丹吾ちゃんが到着する10時に合わせて電話をする予定でしたが、パリの時間は夜中の3時、由美子夫人からは無理せずにと連絡を頂いていましたがその通り、2時以降は睡魔に襲われてウトウトと。10時前に丹吾ちゃんは先ず、石森章太郎ふるさと記念館に立ち寄り、沼田副館長を訪ねてご一緒に安永寺に案内して頂いた様です(沼田副館長ありがとうございます)、襖の在る部屋を撮り、それから無常の響の作品を撮ってから、中田生涯学習センターに立ち寄り、センター=Satoru Sato Art Museum の看板の見える建物を撮って頂き、仙台から応援に駆けつけて下さったヒロエさんの案内で隠れキリシタンの里、東和町米川綱木へ(集会場公園の隣の小野寺和彦さん宅に立ち寄って頂く様に連絡して居なかったので)、その後、南方の花菖蒲の里公園=彫刻公園に移動して撮影して頂きました、来年の在仏50周年記念作品集出版パーテイー用に既に撮影準備を終えて映像制作に入る様です。パリと丹吾ちゃんやヒロエちゃんとは携帯でやりとり出来ています。撮影を終えて仙台に帰宅した時点で丹吾ちゃんから電話を頂き、ヒロエさんが居なかったらこんなに廻れませんでした、助かりました、それにしても良く知っていましたね、皆さんに感謝です。
仙台で描いた下絵の構想をパリで改めて練っています


タイヤの跡がクッキリと、作品の10cm近くに、吃驚、
作品集に載せる為に一杯写真が届いています
写真を撮る丹吾ちゃん、ヒロエさんが撮りました
隠れキリシタンの里
丹吾ちゃん撮影しています
写真撮っています
案内役のヒロエちゃん

仙台の正其さんからのメールは・・・


いづみさんが、僅か3時間ですがいらっしゃいました。双方時間がないので、仙台駅三階の牛タン屋さんで盛り上がりました。ジャパントレイルの最後の日が空いたのでわざわざ会いに来たとのこと。賑やかで、まるで関口怜子さんの妹みたい。来年は是非、達さんが来ている8月にいらっしゃいとお勧めしました。
いづみさんとは、ロンドンで行われる11月10日のイングランド対オールブラックス、17日のイングランド対ジャパンを一緒に観戦することになってます。残念ながら、真壁は代表からはずれてますが、頑張って応援します。     佐藤正基

▶︎◎いづみさんとはロンドンに住む、ラクビーキチの伊藤夫人の事、仙台に住む正其ご夫妻もそれに劣らずラクビーキチ、昨年の11月、パリで Japon 対 France  戦にわざわざ、仙台から応援に来た正其さんとロンドンから来たいづみちゃんと応援席が近く、皆さんで日本を応援した仲間、正其さんご夫妻とは今年の夏・8月21日、藤崎で待ち合わせ、文化横丁の源氏に行って楽しくお喋り出来ました、話している内に、ゾウカバ(関口怜子)ちゃんとも親しい方と判り益々盛り上がりましたが、今日は、正其さんから、いづみちゃんと仙台で再会している様子の写真が届きました、牛タンはロンドンでは食べれないので、ゾウカバちゃんの様に笑顔で明るい行動派のいずみちゃんは皆様に元気を与える方、今年の11月は、残念ながら私の方は作品集出版校正の最終追い込みでロンドンには行けないのですが、テレビでジャパンを応援します、来年のW杯は日本開催、是非、私も観戦したいと東京の友人に切符を依頼している所です、真壁選手、復活して欲しいですね◎◀︎
佐藤ご夫妻と右が元気印のいずみちゃん
佐藤ご夫妻に囲まれて・・源氏にて
源氏では、3杯目の席の方とも盛り上がりました、

仙台のピザも、美味しかったです。

珍しく、友人に誘われてピザを2種類頂いて、意外や意外、シンプルの方が私の口に合いました(1枚目のピザ、美味しかったので写真撮る時間が無かったようです=忘れていました)。勿論、前菜のサラダも美味しく、雰囲気の良い空間、イタリアンの赤ワインも美味しく頂けました。

2018年10月22日月曜日

鰻の蒲焼は、やはり日本ですね。

私の好物の一つはウナギ・鰻の蒲焼、今年もいろんな所で頂きました。今回は8月9日の夕方、Mご夫妻の招待で、その前にMさんのお店に立ち寄って、それから、Mさんも参加と言う事で、4人でウナギを食べに、皆さん(M&M)にご馳走に成りました。このお店に初めてお邪魔したのは、1992年のみなみかたアート・フェステバルの時から、その後、帰国する度に一度は、当時、女将さんと良くお話させて頂きましたが、今は息子さんご夫妻の時代、今回の夏は短い中田・滞在中に3度の訪問、勿論、美味しかったです。パリに戻り、1ケ月チョイ、未だ未だ、日本食は恋しくなっていませんが、ふと、美味しかったな〜と。

2018年10月21日日曜日

仙台の名産、牛タンも美味しかったな〜

昨日、登米アート・トリエンナーレに参加した Sébastien が、中田や佐沼、松島、仙台で食べた日本料理が美味しかったと言われて(東京も特に京都は格別とMさんに感謝していましたが)、確かに、日本食は日本に限ります。仙台の仕事部屋から徒歩5、6分の所に喜助と言う牛タン屋さんが在り、30年以上前から食べに行っているお店、麦飯とスープと牛タンのみ、簡単に食べれるのが受けています、太助とか喜助は昔から在るお店、今は利休と言う牛タン屋さんがチェン化して至る所で食べれますが、古いお店で一人で食べるのも懐かしく、写真は一人前で〜す。

2018年10月20日土曜日

今日の訪問者は・・・

今日の訪問者は1年ぶりの再会、昔のパリ大学=Paris VIII大学の教え子の Sébastien Zanello、今は2児の父親として、又、造形作家として活躍中、昔・教え子、今は作家仲間、今日は彼の住む南仏の大きなアトリエの話などなど、最近作まで見せて頂き、ランチは近くの日本レスランで済ませました。
丁度、iPhoneのメッセンジャーでヒロエさんに連絡、2年前の第三回・登米アート・トリエンナーレではヒロエさんが Sébastien の担当で現場制作のお手伝いや松島・仙台のガイドも担当して下さったので、ヒロエさんの元気な声が聞こえて来ましたが、サトル先生、今、丁度、車の運転中ですと、一瞬、Sébastien の顔を見た様で、ア〜!セバスチャンだ!先生と一緒だ、パリに行きたいね〜と・・・長電話は危険なので直ぐ切りましたが、お話し出来て良かったです。

2018年10月19日金曜日

友人からのメールは・・・


Hello ,  Voici le carré de la semaine Avec un saint cricq ,  Amities       Pf
コレクターの友人から、パリのオークションで Satoru とSaint-Cricq (サン・クリック)氏の共に正方形の作品2点、購入したと連絡が在りました。作家の知らない所で作品は移動しています、左が19年前に制作した 30 X 30cm サイズの私の作品、右が Saint-Cricqの作品です。

2018年10月16日火曜日

今日のランチは・・・

今日は久しぶりにRobert Cheng-Hsiung Chen (陳 正雄)先生と再会、友人の Gerard Xuriguera 氏やお友達も一緒に、St Germain des Prés のEMPORIO ARMANI CAFFE の2階のレストランでランチを頂き、さすが、ミュッシュランの星を頂いている所、一階とは異なり落ち着いた空間、オシャレで美味しい料理を頂き、お話しが弾んで最後の客に成ってしまいました。
二階のレストランから