2022年2月20日日曜日

岡島レポート・ 2019 W杯・備忘録 116

                                                2019 W杯・備忘録 116

                                                              〜  FRA/IRE 

 
 六か国対抗第2節、昨秋NZを破ったFRAIREがパリで対戦した。現時点まで上昇気流に乗り・好調を保っている2チーム、今年度の六か国対抗の事実上の決勝戦。では、2023W杯ではどうなのか? IREは過去もこの時期(W杯キックオフ1年半前)絶好調、しかし、W杯ではベスト8の壁を越えられていない。4年に一度のW杯を目的地として捉えれば、まだチームビルディングの時期。勝つこと=勝ち癖を付けることも大切だけれど、負けて覚えなければならないことも多い。さらに情報化時代、サインプレーなどはすぐに解析されてしまう。化かし合いも大切なのだろう。そんなことを思いながら第2節を見ていた。
 
 第2節のスタッツは以下のとおり。参考に昨秋のIRE/NZFRA/NZも付加してみた。
 
-1 ボール保持率    1列目下段は得点
 
WAL/SCO
  20 - 17
FRA/IRE
  30 - 24
ITA/ENG
   0 - 33
IRE/NZ
29 - 20
FRA/NZ
  40 - 25
勝者
    50
    47
    59
    60
    47
敗者
    50
    53
    41
    40
    53
 
 IREは、㈰ボール保持率を高くして ㈪1次攻撃で巨漢を当て ㈫早いリサイクルでボールを出し ㈬10番(セクストン)の周りに複数のボールキャリアー候補を配置し ㈭10番の差配でボールを散らし=相手に的を絞らせない ㈮地域を獲得し ㈯得点を最大化・失点を最小化するチーム戦術。これがピタッと嵌まったのが、昨秋のNZ戦。今回のFRA/IRE戦、FRAがボール保持率を求めないチームでもあり、ボールは保持できたが敗北した。セクストン・ケガで不在について、Midolは影響が少ない=後継者(カーベリー)が育っていると分析していた。W杯に向けてどう仕上がっていくのか興味深い。
 
-2 地域支配率
 
WAL/SCO
FRA/IRE
ITA/ENG
IRE/NZ
FRA/NZ
勝者
   55
    51
    42
    65
    53
敗者
    45
    49
    58
    35
    47
 
 ITA完封負けを喫したが、相手陣で試合している時間が長い。いつ・どのチームを相手に連敗から抜け出せるのか。ENG、第4IRE(ホーム)・第5FRA(アウェー)、その時点でどんなチームに育っているのか。
 
-3 ペナルティを犯した数
 
WAL/SCO
FRA/IRE
ITA/ENG
IRE/NZ
FRA/NZ
勝者
     8
     7
    12
     9
    10
敗者
    13
    10
    12
    10
    11
 
 ENGに勝利したSCOIREに惨敗したWALに負けた。WALSCOともに、力があるのかどうか分別しにくいチームだ。
 
-4 相手陣22m内でのプレー時間
 
WAL/SCO
FRA/IRE
ITA/ENG
IRE/NZ
FRA/NZ
勝者
   6m39s
   2m17s
   4m58s
   8m11s
   4m08s
敗者
   4m06s
   1m46s
   4m41s
   1m56s
   3m05s
 
 今節は順当な数字が並んでいる。
 
-5 リザーブの交替ポジション・時間
各列 上段:交代ポジション 下段:時間
 
  16
  17
  18
  19
  20
  21
  22
  23
WAL
   2
  65
   1
  65
   3
  60
   4
  76
   8
  58
   -
  10
  79
  12
  68
SCO
   2
  45
   1
45-63
   3
  45
   8
  31
   4
  63
   9
  63
  12
  72
  11
  79
FRA
   2
  55
   1
  55
   3
  55
   5
  53
   4
  53
   6
  73
   9
  70
   -
IRE
   2
  25
   1
  73
   3
  73
  20
  58
   8
  53
   9
  64
  10
  79
  12
  64
ITA
   2
  52
   1
  47
   3
  47
   5
  72
   8
  38
  20
  55
   9
  65
  14
  55
ENG
   2
  56
   1
  65
   3
  40
   7
  65
   5
  55
   9
  55
  13
  73
  11
  28
 
 第2節、リザーブをFW6人・BK:2人にしたのが、FRAITAFRAはケガ人が出ず、試合前の構想通り、計画的にFWを交代させ、肉弾戦を優位に進めた。これが一番の勝因ではないかと感じている。
 上記の表を眺めていると、WALFRAだけが想定外の交代がなく、他の4チームは㈰ケガでの早期の交代 ㈪交代で入った選手がケガで交代 という想定外の事態が生じている。こういうことは「運」なのだろうか…
 どうしても1番・2番・3番そして9番は「専門職」化している。逆に言うとそれ以外のポジションは「総合職(?)」化している。そうであるならば、FWBKの「壁」が無くなってもよさそうなものだ。FWBKもこなせるユーティリティプレーヤー、近い将来、出現しないだろうか。まずは、8番と12番・13番をこなせる選手が出現しないのだろうか。
 次のW杯、リザーブ8人の構成がどうなっていくのだろうか。
 
( 参考-1 )
2022-6-2 FRA/IRE経過表
二列目:SSCOの得点経過
三列目:EENGの得点経過
四列目:SPSCOP
五列目:EPENGP
 
前半
1
4
6
9
13
15
17
18
21
25
30
34
39
F
7
10
13
16
19
I
 
7
FP
 
 
 
F
 
 
 
R
 
R
 
 
 
IP
 
R
 
 
O
R
F
 
S
 
R
O
S
 
 試合開始早々、FRAがトライ・ゴール、次のプレーでPG、楽勝かと思いきや、次のキックオフでIREがトライ・ゴール、荒れた展開になると思いきや、それからは締まった試合に、そして、FRAPGを三本決めて、12点差でハーフタイム。
 
後半
42
43
44
47
49
52
62
71
77
F
22
27
30
I
 
14
21
24
FP
 
R
 
R
 
 
M
R
 
IP
O
 
 
 
 
 
 
 
R
 
 FRAの伝統的な弱みが失点を重ねること。この後半、PGを決め、22-7楽勝ペースが連続トライ・ゴールで1点差に。ここで「踏み止まれた」ことが成長の証なのか、今後の試合で試される。IRE、やはりファイティングスピリットが顕在だった。
 
( 参考-2 )
2022-6-2 FRA/IRE KSLPFD
「分」は得点時間
大文字は勝者 小文字は敗者のボール支配
K:キックオフ
S:スクラム
L:ラインアウト
P:ペナルティ
F:フリーキック
D:ドロップアウト (D*はゴールライン・ドロップアウト)
- :関連するリスタート
 
 
得点
1
5
6
15
35
39
K L
k p=PG
k tg
K P-l l s L p-L l p=PG
k p-L P-l S-p-L L P-l F l L s p-L l-f L p=PG
k S-p=PG
7- 0
10- 0
10- 7
13- 7
16- 7
19-7
43
44
49
53
71
77
k L p=PG
k P-l tg
K P-l tg
K S l T
k s L S l l-P-l S L l l P=pg
K f L L p=PG
k
22- 7
22-14
22-21
27-21
27-24
30-24
 
 試合を通じて、リスタート機会が少なかった。スクラムはFRA5IRE3、ラインアウトはFRA14IRE15であった。ドロップアウトが両チーム:ゼロ。両チームキッカーの精度が高いのも印象的だった。
令和4219

1 件のコメント:

  1. The King Casino: The New King & The World of Gaming
    The King https://access777.com/ Casino deccasino is gri-go.com the new place where the https://deccasino.com/review/merit-casino/ real money gambling is legal in Florida and Pennsylvania. https://jancasino.com/review/merit-casino/ We love the new casino. We've got some great

    返信削除