2019年5月30日木曜日

4日目の個展、仙台発は、慌てました・・・

朝、6時に目が覚めて、今日は時間が在るのでゆっくり朝食を・・・取り過ぎ、気が付いたら新幹線発車迄、後20分、慌てて部屋を出て、タクシーに乗って無事、駅に着きました。昨夜は、展覧会用に梱包した段ボール2個、紛失した事が判り、作品の写真と作品のサイズ、年代をブログに載せて作品の5点が無事戻る様に皆様の協力を頂けたらと(写真は全て保管しているので)、個展が終わり次第公表しようと、と思いながら新幹線の中でもスヤスヤ居眠り出来ました、今日は12時直前に画廊に着くと2人のご婦人がいらっして居ました。なんと画家・林 一英さんの奥様とその妹さんで一瞬、吃驚しました、一英さんは元気ですが現在リハビリ中で今は制作が出来るまで回復したと聞いて驚きと安堵の気持ちです、林さんは1970年代、最後の国際青年美術家大賞展で大賞を頂きパリ留学した若い画家、パリ滞在後、イタリアに留学して帰国した画家で、パリからイタリアへ出発する時に私の車をプレゼントしてその車でイタリア迄行った冒険好きな若者(私も若かったけど)、これまでなかなか会う機会が無かったのですが、元気に回復してお会い出来たらと期待しています。
今日のランチ、魚が食べたいと田中さんに伺ったら、高速陸橋の地下2階に一杯在りますからと聞いて、早速、サンマの塩焼き定食を頂いてギャラリーに戻りました。午後は北川さん、山本さん、千石さんは18時過ぎに来て作品をみて頂きました(千石さんの写真撮るの忘れてしまいました)。それに、ギャラリーせいほうで既に展覧会している画家や彫刻家、初めて会う方と接触出来て楽しい一日でした。
右が林夫人、左が元・モデルの妹さん
元気かな北川さん
1ケ月ぶりの山本さんとの再会

0 件のコメント:

コメントを投稿